キーワードは3つ。
医療=社会貢献、スピード=競合優位、
裁量=刺激的な職場。
この環境が仕事をダイナミックにする。

2011年中途入社 集客企画グループ・グループマネージャー

古賀 貴洋TAKAHIRO KOGA

WEB MARKETER

Webマーケッターとして、
新たな可能性を追求する日々。

Web有料広告を活用した集客施策を行うグループでマネージャーを務めています。リスティング、ADバナー、アフィリエイト、ソーシャルメディアなど、範囲は多岐にわたります。成果状況を踏まえた配信コントロールや改善施策の推進を行うのが、このグループの日々の業務。主要サイト(ドクターズ・キャリア、ナースフル、リクナビ薬剤師)の認知度を上げ集客数の拡大を狙うことは、RMCの根幹にある人材紹介事業にとって、ひとつの肝です。その分私たちへの期待値は大きく、責任も重い。この環境下で重責を担うことに大きなやりがいがあるでしょう。

現在検索プラットフォーム等とも、直接情報交換や施策検討をする場を設けています。リスティングやバナーなどの有料広告施策だけでなく、ブランド認知向上のための動画を利用したアプローチなど、Webマーケティングの可能性を追求する日々が続きます。2大検索プラットフォーマーと直接アイデアをぶつけ合うことは、Webマーケッターにとって、極めて刺激的な環境だと思います。

日本一のWebマーケティング集団。
夢ではなく、ミッションとして。

RMCを語るうえでのキーワードは3つ。医療、スピード、裁量。医療業界に特化した人材紹介がRMCの基幹事業です。私たちのサービスを活用して、イキイキと働ける環境を手に入れた医療従事者が、多くの患者さんを救っている事実があり、社会的意義と責任を感じます。またWebマーケティングの世界は競合環境が激しく、あらゆるアプローチをいかにスピーディに行うかが重要。裁量権が大きく、現場主導で取り組める環境があるからこそ、多くの医療従事者や病院などで私たちのサービスが受け入れられているのだと思います。

一方で、医療従事者は一般的な転職に比べ人材の母数が圧倒的に少ない。ゆえに旧来のWebマーケティング手法での認知度向上が難しい世界だと言えるのです。最新の手法を探りながら、常にチャレンジングな取り組みをしていかなければならない環境であることは自明。私たちでWebマーケティングの最先端事例を創出していき、日本一のWebマーケ集団になっていかなければなりません。それが私たちのミッションと言い換えてもいいでしょう。

この国の医療を発展させる一翼となる、
Webマーケッターを目指す。

医療業界に携わる人材を支援する立場の私たちにとって、この国の医療レベルの底上げを担う一翼になっていきたいという思いがあります。すべての人が健康に暮らせるように、必要十分に医療・ヘルスケア情報にアクセスできる環境をつくり、病気などへの予防がより簡単に行える社会をつくる。そして万が一病気になったときは、貧富や地域の差、国籍などに関わらず必要な医療が受けられ、一人ひとりの環境に合わせた治療行為外のサービスを自由に選択できる環境を整備する。RMCの事業範疇をはるかに超えた理想に聞こえるでしょうが、それくらいの理想像と志をもって仕事に取り組む人間でありたいと願っています。

医療従事者の様々な要望や志向を分析し、最適化されたコミュニケーション手法を構築することで、社会に価値を創出するマーケッターになりたいですし、それがこの国の医療の発展に、少しでも貢献できるのではと信じています。

MEMBER