新卒3年目の私に
数十億円単位の予算が任される。
どんな会社かお分かりになるでしょう?

2015年新卒入社 集客企画グループ

呉 祐輔YUUSUKE KURE

WEB MARKETER

システムの進化と同じように、
自身の成長も高速です。

リスティング広告の運用が私の主な業務です。広告配信の企画立案から代理店との折衝、高速でPDCAを回し、日々成果改善を行っています。RMCがリスティング広告にかける年間予算は数十億円単位。CVR、CPA、さらにはRMCの主幹事業である人材紹介の決定率までを加味して、より「濃い」層の登録を目指します。人材紹介業にとって、人材の登録数に直接的に影響し、事業にインパクトを与えるこの業務は大変スリリングであり、やりがいがあります。

ターゲットユーザーのニーズを的確に捉えた広告を配信するにはどうすればいいか、毎日が苦悩の連続。また配信システムや、広告の出稿先となるGoogleやYahoo!の機能もびっくりするくらいのスピードで進化しています。それらにいち早く対応して、新たな戦略を練る必要もあります。毎日が勉強ですが、知識をどんどん増やすことによって、この業界で長く経験を積まれている方とも対等に意見交換できるようになります。これもこの仕事の醍醐味のひとつですね。

大きな組織だけれど、
仕事はまさにベンチャー。

「会社は大きいけれど、ベンチャー気質を兼ね備えています」と謳う会社は山ほどありますよね。だから就職活動の際には、そういった類の言葉には警戒するようにしていました。それでもRMCに惹かれたのは、新卒3年目の若手社員が自分で企画を立ち上げて、実際に新しい部署をつくってしまったという話を聞いた時です。そしていま、3年目になる私自身が年間数億円の予算を任されている。上記のような企業の売り文句には要注意ですが、RMCは本当だと証明できます。

RMCはリクルートグループの一企業ですが、気質はベンチャーそのもの。何より意思決定のスピードが尋常じゃない。いま私が動かしている業務について言えば、個別の施策などは私自身の判断でその場で変更を加えていくことができます。プロジェクト全体に関わる大きな変更についても、根拠を示して上司を納得させれば、即GOです。多額な資金を動かしているので、自身の判断にも時に不安になることがありますが、データを隈なく分析し、自分を納得させて進めるようにすることで、その不安は解消され、自信につながっていきます。とても刺激的な日々です。

RMCが、私たちが、
真に必要とされる時代が来ている。

より多くの人に影響を与えられる人間になることを目標にしています。現在はリスティング広告の運用を通して、事業に影響を与えることができていると思います。ですが、より深く人と関わり、その人に直接的に影響を与えるという観点で、マネジメントの道にも興味があります。RMCには「YELL」というグロービスなどの外部研修費用を会社が8割負担してくれる制度が揃っています。また上司や同僚にも恵まれているので、刺激を受けます。自分に足りない知識は何なのかを見極めながら、それを補っていく環境を活用して、成長していきたいと考えています。

2025年問題をひかえ、今後医療業界の人材不足は深刻になるとも言われています。まさに私たちRMCが、医療業界に真に必要とされる時代です。もちろん制度などの改正も必要ではあるものの、医療業界に携わる一人ひとりがより活躍できる場をつくることに、何らかの形で貢献ができるはず。私はその一人として、新しいサービスを生み出し、直接的な影響を与えられるよう、頑張っていきたいです。

MEMBER