積極的に飛び込んでいけば、
仕事の範囲は無限に広がります。

2010年中途入社 サービス開発グループ

鈴子 真弓MAYUMI SUZUKO

WEB PRODUCER

作り手とユーザーとの共同作業によって、
アプリは進化する。

看護師国家試験合格を目指す看護学生さん向けの国試対策スマホアプリの企画・運用を担当しています。看護師の働き方は近年多様化が広がり、ユーザーとなる看護師さんへの最大公約数的なリーチは、ますます難しくなると考えています。そういった現状の中で、すべての看護師さんにリーチできるタイミングは、この国家試験のタイミングだけと言っても過言ではありません。このアプリをできるだけ多くの看護学生さんに利用してもらうことで、未来の看護師さん達とRMCの、将来にわたる信頼関係を築いていくことが目的のひとつになっています。

私は、利用率を高めるための施策の検討、ユーザビリティの改善・改修、ユーザーとの相互コミュニケーションなど、アプリに関する全体をプロデュースしています。このプロジェクトを担当することで初めて知ったのは、看護学生さんの熱意。学校での勉強、現場での実習、そして受験勉強と、看護学生さんは寝る間を惜しんで努力を続けています。そんな彼ら・彼女らと直接コンタクトがとれるため、作り手側だけでは見えてこない新たな視点に気づかされることがあります。このアプリは、私たち作り手と、受け手である看護学生さんとの共同作業によって、そのクオリティを日々アップデートしているのだと実感しています。

RMCでの経験が、
私に自信をつけさせてくれる。

RMCでの私は、アプリ開発のプランニングやディレクション、予算管理やチーム編成などを含めたプロデュース業を学ぶ日々です。これらの経験を活かして、まったくのゼロから新たなサービスを生み出せる人材になりたいと思っています。マーケットやニーズは目まぐるしく変化を続けています。だからこそ、どこでも通用する確かな思考力、経験から生まれるゆるぎない自信が必要だと考えます。

現在は医療業界向けのサービスを開発する立場として、医療従事者のみなさんが、少しでも明るく、前向きに、仕事に誇りをもって働けるよう、サポートすることに全力を注ぎたい。私自身は誰かの役に立ちたいという気持ちが強い人間ですので、RMCで経験できることのすべてを吸収して、どんな分野ででも積極的に飛び込んでいけるスキルと知識、そして自信を身に着けたいと思っています。

私自身のステップアップを、
日々実感できる職場。

いまプロデュースの仕事を任されていますが、RMCへはもともと派遣社員のWebデザイナーとして入社しました。一般的な常識で考えれば、派遣社員に求められる仕事の範囲や、Webデザイナーに求められる業務内容は限られているはずです。RMCがすごいと思うのは、そういった常識的な枠を持たないというところ。本人のやる気次第で、範囲はぐんぐん広がり、極端な話、範囲そのものが存在しなくなると言ってもいいでしょう。もちろん先輩や同僚からのサポートは得られるし、結果以上にプロセスを評価してくれる環境ですので、チャレンジしやすい職場だと思います。

その分、常に前進を求められる会社でもあります。はっきり言って大変だとは思いますが、日々ステップアップしている自分を実感できます。同じ仕事の繰り返しでなく、常に新しいことを自分で考え、取り組んでいくことにモチベーションを感じる方であれば、刺激的な職場であることは間違いありません。

MEMBER